川越小旅行・川越氷川神社 縁結び風鈴

Pocket
Share on Facebook

L1000799

川越氷川神社の「縁結び風鈴」が美しいということを伺い、友人と小旅行してきました。
お供はまだまだ仲良しとはいえないLeica M9Pに、エルマリート35mmです。

まずは川越の蔵造りの町並みや、古い趣の残る町並みからです。

L1000803

昔ながらの店舗も残っていますが、和モダンな雰囲気を活かし、割と新しい和の雑貨屋さんなどもたくさん入っています。

L1000808

氷川神社の風鈴を模して街の中に作られているオブジェ。
風鈴に当たる部分が、ペットボトルのキャップになっています。エコ!

L1000817 L1000825

時の鐘は工事(恐らく補修?)中で観ることが出来ませんでした。
この向かいあたりで、「醤油味のソフトクリーム」を食べました、甘みの中にキャラメルっぽい感じの、香ばしさとちょっとだけしょっぱさがあって、美味しかったです。醤油〜って感じではなかった気もする。不思議な感じだった。

L1000831

古本の前におすわりしているにゃんこがかわいかった。

L1000838

川越氷川神社の入り口。ここからもう風鈴がいっぱい。

L1000845

透明の風鈴に統一されている箇所も。

L1000856

風鈴を使ったオブジェ。
丸い籠のなかに複数のLEDつき風鈴が入っているんですが、いろいろな箇所にあってかわいかったです。

L1000870

同じレンズ、同じカメラですがいろいろな現像をしてみたのでお楽しみ頂ければと……ですが、やはり35ミリ一本はきついなあと正直感じました。
一本で歩くなら、私には50ミリのほうが向いてるかもなあ。

L1000871

木々にピントを合わせるとまた不思議な雰囲気に。

L1000872

L1000874

L1000876

L1000877

訪れた人が短冊を買い、願い事を書いて好きな風鈴に提げます。

L1000878

L1000879

L1000880

L1000881

L1000882

L1000883

L1000884

L1000885

L1000886

L1000888

L1000891

L1000893

L1000894

L1000899

ここは透明一色のゾーン。
高くて短冊もかけられないようになっていて、統一感がありました。

L1000901

ピーキーなんですよね、扱いづらいというか、寄れないしピント合わせに時間かかるし凄い難しいんですけど、色乗りがめっちゃいいのと、ボケがふわーって溶けていく感じ、マッチすると最高にいい。

今回の写真は、観光スナップの観点・それ以上の利用をする予定がないことから写り込んだ方の顔や願い事をぼかしたりはしていませんが、何か問題がありましたら取り下げ、または修正をさせていただきます。

Pocket
Share on Facebook