東方寸劇 弐 ● レミリア フランドール 咲夜 霊夢 魔理沙

Pocket
Share on Facebook

前回の「次回予告」から続いています。
不敵に笑う妹様。彼女の真意とは……?

※セリフが入っているので苦手な方は回避してください。

 

フランドール「こんな感じでどうかしら、お姉さま」
レミリア「そうね、じゃあ私はこんな感じで……」

 

レミリア「ふふっ」
フランドール 「その微笑なら確実ですわお姉さまっ、うふふふふ!」

 

咲夜「お嬢様方、当初の目的をお忘れになっておられるのでは?!」

 

咲夜「そうですわ、私を呼んでまで相談したいことがおありになるというのでお邪魔しているというのに……」
レミリア・フランドール「何か間違ってる?」
咲夜「間違いも間違いも大間違いですわ! 第一お二人の当初の目的はなんでしたの?」

 

レミリア「……霊夢に…ティータイムにきてほしいなって……」
フランドール「魔理沙も呼んでやってもいい」

 

咲夜「想像してご覧なさいませ、現れて突然吸血鬼の圧倒的なカリスマを見せつけては、人間どもは蜘蛛の子を散らすかもしくは先日の霊夢たちのようにお嬢様たちに危害を加えんとしてくるでしょう」
レミリア「確かに…霊夢は普段ゆっくりお茶を飲むのが好きだって言ってたし……」

 

フランドール「魔理沙は紅茶が結構好きだけどあんまりうまく淹れられないから美味しいのが飲みたいって! 咲夜なら淹れてくれるでしょ??」
咲夜「そこは、もてなす側である妹様が行うべきことです。もちろんお教えしますから……」

 

フランドール「なんだあ〜 人間って脅せば話を聞いてくれるのばっかじゃないんだ〜」

 

レミリア「あなたが紅茶を淹れるなら、私は人間でも食べられるケーキを用意するわ」

 

咲夜「ご指導はおまかせ下さいませ」

 

フランドール「やった〜 楽しみだね!」
レミリア「いつもの調子でお気に入りのカップ破壊しないでよね」
フランドール「わかってるっ!」

カリスマ度の落ちていく紅魔館でした。
 

▼今回撮ったフィギュア▼

Pocket
Share on Facebook