Vierge Blanche ● SDGrナナ

Pocket
Share on Facebook

DSC_8535

目も眩むほどに白く、明るく、そして孤独な少女。

DSC_8540

ただひとり、白い牢獄に囚われている。

DSC_8541

永久に少女のままであることを望まれた彼女。

DSC_8549

「何が見えるの?」
きっと言葉さえ、失ってしまったあとに。

DSC_8562

ただ、そこには光だけが満たされていた。

DSC_8564

ただしその光は、希望の色ではなかった。

DSC_8566

水槽に閉じ込められた魚に与えられる水のような。

DSC_8569

彼女にとってその光はそんな存在だった。

DSC_8578

遥か上を見上げれば、水面が見えることを知っていた。

DSC_8591

上に手をのばすことさえ知らずに。

DSC_8596

踊ることや歌うことも知らない。

DSC_8709

肌に触れる白い波のように、光は彼女を包んだ。

DSC_8716

自分以外のぬくもりを知ることはない。

DSC_8717

なぜここにいるのか、彼女は知らない。

DSC_8722

誰も知らない、誰も知らない、不思議な水槽。

DSC_8725

光の満ちた、不思議な水槽。

DSC_8736

ただ、彼女は少女であった。

Pocket
Share on Facebook